1. HOME
  2. 転職したくなったトラブル
  3. 悔しさをバネに転職先で働く
  4. 悔しさをバネに転職先で働く

    30代/女性看護師
    職歴:外科3ヶ月、デイサービス2年半、整形外科12年
    日中は勤務し、夜間は看護学校に通学しながら看護師免許取得しました。

    いじめに近い状況で「うつ」に

    看護学校に通い始めた頃、外科系の個人病院に同じクラスの人と勤務しましたが、明らかに私にだけ冷たくされる、扱いが違うということが多かったです。
    看護師長と主任の仲が悪くどちらかの指導の通りにやるともう片方から怒られたり、休憩時間がなかったりなどは日常茶飯事で、夜勤明けからそのまま昼近くまで手伝わされることもありました。要するにいじめに近い感じでした。
    徐々に不眠と早朝覚醒、謎の全身の関節痛と発疹が出てしまい、すっかりうつ状態になってしまいました。

    味方がいなかった

    担任や親に相談しても「覚えが悪い」「しっかりやらないあなたが悪い」「それは甘えだ」と言われる始末でした。

    冷たすぎる対応

    上司や会社の反応は最後の最後まで冷たいままでしたから、そのまま勤め続ける気力はなく、辞めざるを得ませんでした。

    夜間学校指定の職場

    学校が指定したデイサービスでの勤務だったので選ぶ余地はありませんでした。
    卒業近くなってから今の整形外科(リウマチ科)に入職し、今では患者指導や治療法の説明、さらには講演や学会で発表するまでになりました。

    「見返してやりたい」を心に置いた

    私の場合、いじめにあったところと今の職場が同じ市内なので、「ただ仕事して給料もらっているあなたたちを絶対見返してやりたい」という一心で必死にやってきました。
    今の職場でも何もないと言えば嘘になりますが、辞めると一度言った時には引き止められたのでそれくらいの重要な位置まではきたのかなと思っています。
    いじめられているのであれば、潔く辞めて心機一転転職したほうがいいと思います。ダメージを受けることもさることながら、メンタルが何よりもやられてしまいます。
    なかなかそこから立ち直ることは苦難ですので、そこにいるメリットとデメリットを天秤にかけてデメリットの方がウエイトが大きいと感じるのであればさっさと立ち去って新しい環境で活躍できるようにするべきと考えます。
    そこを乗り越えるときっと新しいモノが見えて来ますよ。是非、悔しさをバネに、次へ進んで欲しいと思います。
Copyright(c) 看護師の転職…した人しなかった人の実情ファイル. All Rights Reserved.